アートと福祉「みる楽しさを伝えたい」
2020.03.06 -2020.03.06 | コワーキングスペース水戸Wagtail

いばふくvol.13 アートと福祉「みる楽しさを伝えたい」

日時:2020年3月6日(金)
会場:コワーキングスペース水戸Wagtail
参加費:無料
————————-
「『アートと福祉』みる楽しさを伝えたい」は
ゆったり「みる」体験を通して、「みる」楽しさを味わう研修です。

「みる」ってなんでしょう?
現代の「みる」は、様々な情報の影響でとても複雑です。
「アート」の「みる」はとてもシンプル。
シンプルな体験と対話を通じて、普段のアセスメントについて考えてみませんか?

きっと、いつもの風景がちょっと違ってみえるかも…

ご参加お待ちしております。

 

■講師
白鳥建二(全盲の美術鑑賞家)
岡部兼芳(はじまりの美術館 館長)
大政 愛(はじまりの美術館 学芸員)

 

白鳥建二さんについて
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d75fda2e4b07521022f1c41
はじまりの美術館 (HP)
http://www.hajimari-ac.com

■スケジュール
18:00 オープニング
トークセッション「みることの楽しさを伝えたい」
白鳥建二×岡部兼芳×大政 愛×コバコネ(司会)
・白鳥さんの活動について
・はじまりの美術館について
・「みる」ってなんだ?

19:00 ワークショップ「みる→言葉にする」
・日常の中で何をみる?

20:00 クロージング

企画協力:水戸芸術館現代美術センター


イベント情報

アートと福祉「みる楽しさを伝えたい」
開催日:2020年3月6日金曜日
時間:18:00〜20:00
会場:コワーキングスペース水戸Wagtail
〒310-0021 茨城県 水戸市南町3-3-35
参加費:無料
講師:白鳥建二(全盲の美術鑑賞家)、岡部兼芳(はじまりの美術館 館長)、大政 愛(はじまりの美術館 学芸員)